FAQ(よくある質問)

創作者と商品化等を希望する企業や組織・個人事業主とのマッチング機会を創出する場です。

知財とは、知的財産のことで、絵画、音楽、詩、映画、舞踏等多くの知的財産に係るジャンルがあります。創作した知財は利用許可がないと利用することができません。この利用契約は専門的な知識が必要で、一般の創作者には扱い辛いものでしたが、それを簡単に広く流通させたい思いで創設したのが当社の「CHIZAIフリマ」です。その実現は長年の知財に係る業務を手掛けてきた当社の知財に係る知見と知財を広く社会に役立てたいという強い想いがCHIZAIフリマ」を実現させました。

作品を使った商品開発、商品販売等を行いたいという企業や組織・個人との機会創出が期待できます。

商品化契約が実現しますと商品化に係るライセンス料が入ります。当社ホームページに掲載されても必ず商品化等のライセンスができるとは限りません。また、実際の商品化までには、マーケティング他、色々検討しなければならないことがあり、時間がかかる場合があります。

まず、お問合せ下さい。

その作品の創作者(著作者)又はその作品の権利者である確認をさせていただき、当社でその作品を見させていただきます。その上で、当社ホームページに掲載するかどうかを判断し、預かる場合又はホームページに掲載する場合には当社と管理契約を結んでいただきます。

お問合せに必要事項を記載し、メール送信をしてください。

お問合せフォームはこちら

お問合せいただいた場合、できるだけ早く当社担当よりコンタクトさせていただき、作品を見させていただきます。そして、双方合意の上、管理契約を締結し、その管理契約に沿って商品化等のプロモーションを行っていきます。詳しくは プロパティをお探しの方・預けたい方へ」をご参照ください。

ジャンルは問いませんが、絵画、音楽、彫刻、版画、小説、映画、写真、舞踏が代表的なものとなります。

その他のジャンルの作品もお問合せください。著作権、及び産業財産権に係るものを対象とさせていただいておりますが、ノウハウとして秘匿されている技法等についてもお問合せいただければと思います。

お預りする作品は、著作権を有しているものに限ります。

絵画を譲り受けた所有者が、その絵画の著作権を有しているとは限りません(所有権と著作権は別の権利です)。従って、その絵画の著作権も譲り受けたかどうかで商品化等の許諾ができるかどうかが決まります。少し、難しい面がありますので、お問合せいただければと思います。

可能です。

但し、どのような作品が可能なのかも含めて、お問合せの上、相談したいと思います。この場合、ある程度作品を創作した実績を有し、その実績の作品を拝見させていただいた上で、管理契約を結び、その後ホームページに掲載致します。

一概には言えません。その作品の種別、著名性等と商品化内容によって異なります。

商品化する場合には、商品化したい相手方との話し合いでライセンス料が決まります。この場合、経験のある当社が間に入って(管理契約に従って)検討、交渉等を行いますので、両者の合意内容によりライセンス料も異なります

知財(プロパティ)の利用とは商品化だけを意味するのではありません。

例えば、商品化以外の利用方法として、出版、展示、上映、上演・演奏、録音・録
画等があります。利用方法は著作権法とかかわり、専門的な知識・経験が必要であ
りますのでお問合せ・ご相談頂ければと思います。